Psalm 77 – The Journey Of “Remembering Well” 詩篇77 – “上手く思い起こす”旅

December 30th, 2018
Lifehouse Sapporo 11AM Service
Speaker: Pastor Johannes Berns

 

Psalm 77 詩篇77

“I remember” 3 times. 思い起こすと3回言っている
Shows a journey. 旅路を伝えている
A new way of seeing as God sees. 神様が見ているように見る新しい見方

 

1. The tough times タフな時

(Psalm 77:1-3 NKJV)

I cried out to God with my voice— To God with my voice; And He gave ear to me. (2) In the day of my trouble I sought the Lord; My hand was stretched out in the night without ceasing; My soul refused to be comforted. (3) I remembered God, and was troubled; I complained, and my spirit was overwhelmed. Selah

(詩篇 77:1-3 JCB)

私は神に向かい声をあげて、叫ぶ。私が神に向かって声をあげると、神は聞かれる。(2)苦難の日に、私は主を尋ね求め、夜には、たゆむことなく手を差し伸ばしたが、私のたましいは慰めを拒んだ。(3)私は神を思い起こして嘆き、思いを潜めて、私の霊は衰え果てる。セラ

 

-Elijah. Can it get any worse? エリヤ。これ以上最悪になることある?

 

(1 King 19:9-13 NKJV)

And there he went into a cave, and spent the night in that place; and behold, the word of the Lord came to him, and He said to him, “What are you doing here, Elijah?” (10) So he said, “I have been very zealous for the Lord God of hosts; for the children of Israel have forsaken Your covenant, torn down Your altars, and killed Your prophets with the sword. I alone am left; and they seek to take my life.” (11) Then He said, “Go out, and stand on the mountain before the Lord.” And behold, the Lord passed by, and a great and strong wind tore into the mountains and broke the rocks in pieces before the Lord, but the Lord was not in the wind; and after the wind an earthquake, but the Lord was not in the earthquake; (12) and after the earthquake a fire, but the Lord was not in the fire; and after the fire a still small voice. (13) So it was, when Elijah heard it, that he wrapped his face in his mantle and went out and stood in the entrance of the cave. Suddenly a voice came to him, and said, “What are you doing here, Elijah?”

(1 列王記 19:9-13 JCB)

そこにあるほら穴に入りました。すると、彼に主のことばがありました。「エリヤ、ここで何をしているのか。」(10)「私は、天地の支配者である神、主のために一生懸命に働いてきました。ところが、イスラエルの民はあなたと交わした契約を破って祭壇を壊し、あなたの預言者たちを殺しました。彼らは今、一人生き残った私まで殺そうとしています。」(11)すると、「外に出て、山の上でわたしの前に立ちなさい」と主のことばがありました。と、その時、主が通り過ぎ、激しい風が山を直撃し、岩が砕け落ちました。しかし、風の中に主はいませんでした。風のあとに地震が起こりましたが、そこにも主はいませんでした。(12)地震のあとに火が燃えましたが、火の中にも主はいませんでした。火のあとに、ささやくような細い声が聞こえてきました。(13)エリヤはそれを聞くと、顔を外套で覆い、ほら穴の入口に立ちました。すると、「エリヤ、なぜ、ここにいるのか」という声がありました。

 

“Tough times never last, but tough people do!” タフな状況は長続きしない、タフな人はずっと続く

 

2. My response in the tough times = Songs in the night. タフな時の対応の仕方=タフな時の歌

(Psalm 77:3-9 NKJV)

I remembered God, and was troubled; I complained, and my spirit was overwhelmed. Selah (4) You hold my eyelids open; I am so troubled that I cannot speak. (5) I have considered the days of old, The years of ancient times. (6) I call to remembrance my song in the night; I meditate within my heart, And my spirit makes diligent search. (7) Will the Lord cast off forever? And will He be favorable no more? (8) Has His mercy ceased forever? Has His promise failed forevermore? (9) Has God forgotten to be gracious? Has He in anger shut up His tender mercies? Selah

(詩篇 77:3-9)

私は神を思い起こして嘆き、思いを潜めて、私の霊は衰え果てる。セラ(4)あなたは、私のまぶたを閉じさせない。私の心は乱れて、もの言うこともできない。(5)私は、昔の日々、遠い昔の年々を思い返した。(6)夜には私の歌を思い起こし、自分の心と語り合い、私のたましいは問いかける。(7)「主は、いつまでも拒まれるのだろうか。もう決して愛してくださらないのだろうか。(8)主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。(9)神は、いつくしみを忘れたのだろうか。もしや、怒ってあわれみを閉じてしまわれたのだろうか。」セラ

 

Paul and Silas パウロとシラス

 

(Acts 16:25 NKJV)

But at midnight Paul and Silas were praying and singing hymns to God, and the prisoners were listening to them.

(使徒 16:25 新改訳)

真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。

Remember the whole context. The whole puzzle, not the single piece.

 

3. The Response of faith to a Good and Powerful God 素晴らしくてパワフルな神様への信仰の応答

(Psalm 77:10-15 NKJV)

And I said, “This is my anguish; But I will remember the years of the right hand of the Most High.” (11) I will remember the works of the Lord; Surely I will remember Your wonders of old. (12) I will also meditate on all Your work, And talk of Your deeds. (13) Your way, O God, is in the sanctuary; Who is so great a God as our God? (14) You are the God who does wonders; You have declared Your strength among the peoples. (15) You have with Your arm redeemed Your people, The sons of Jacob and Joseph. Selah

(詩篇 77:10-15 新改訳)

そのとき私は言った。「私の弱いのはいと高き方の右の手が変わったことによる。」(11)私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。(12)私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを、静かに考えよう。(13)神よ。あなたの道は聖です。神のように大いなる神が、ほかにありましょうか。(14)あなたは奇しいわざを行なわれる神、国々の民の中に御力を現わされる方です。 (15)あなたは御腕をもって、ご自分の民、ヤコブとヨセフの子らを贖われました。セラ

 

(Psalm 31:15a NIV)

My times are in your hands; deliver me from the hands of my enemies,

(詩篇 31:15 新改訳)

私の時は、御手の中にあります。私を敵の手から、また追い迫る者の手から、救い出してください。

 

(Psalm 31:15 MSG)

Hour by hour I place my days in your hand, safe from the hands out to get me.

(詩篇 31:15 JCB)

私の時はあなたの手の中にあります。情け容赦なく追い立てる者の手からお助けください。

 

4. At all parts of their journey – The confession of faith: “The Lord is my shepherd” 全ての旅路の中で – 信仰の告白 – 主は私の羊飼い

(Psalm 77:16-20 NKJV)

The waters saw You, O God; The waters saw You, they were afraid; The depths also trembled. (17) The clouds poured out water; The skies sent out a sound; Your arrows also flashed about. (18) The voice of Your thunder was in the whirlwind; The lightnings lit up the world; The earth trembled and shook. (19) Your way was in the sea, Your path in the great waters, And Your footsteps were not known. (20) You led Your people like a flock By the hand of Moses and Aaron.

(詩篇 77:16-20 新改訳)

神よ。水はあなたを見たのです。水はあなたを見て、わななきました。わたつみもまた、震え上がりました。(17)雲は水を注ぎ出し、雷雲は雷をとどろかし、あなたの矢もまた、ひらめき飛びました。(18)あなたの雷の声は、いくさ車のように鳴り、いなずまは世界を照らし、地は震え、揺れ動きました。(19)あなたの道は海の中にあり、あなたの小道は大水の中にありました。それで、あなたの足跡を見た者はありません。(20)あなたは、ご自分の民を、モーセとアロンの手によって、羊の群れのように導かれました。

 

-“The Lord is my shepherd” 主は私の羊飼い

 

(Psalm 23:1 NKJV)

The Lord is my shepherd; I shall not want.

(詩篇 23:1 新改訳)

主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。