もう十分ここにいるではないか You Have Stayed Here Long Enough

Message Notes

May 12th, 2018
Lifehouse Sapporo 11AM Service
Speakers: Pastor Johannes Berns

 

(エペソ3:20-21 ALIVE訳)

神の力が私たちの内に働くとき、神は私たちが求めるものや、考えることをはるかに上回ったことを行うことができる。(21)イエス・キリストに属す教会のみんなが、いつまでも神に称賛を集めるように。

(Ephesians 3:20-21 NLT)

Now all glory to God, who is able, through his mighty power at work within us, to accomplish infinitely more than we might ask or think. (21) Glory to him in the church and in Christ Jesus through all generations forever and ever! Amen.

 

(申命記1:6-8 JCB)

「皆さん、今からちょうど四十年前、主がホレブ山でこう言われたのを覚えていますか。『もうこれ以上、ここにいる必要はない。(7)向きを変えて出発しなさい。エモリ人の山地、アラバ渓谷、ネゲブ、カナンとレバノンの全土、つまり地中海からユーフラテス川までの全地域を占領するのだ。(8)わたしが与えると言うのだから、大胆に入って行きなさい。そこは、昔あなたがたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブおよびその子孫に必ず与えると約束した地だからだ。』

(Deuteronomy 1:6-8 NLT)

“When we were at Mount Sinai, the Lord our God said to us, ‘You have stayed at this mountain long enough. (7) It is time to break camp and move on. Go to the hill country of the Amorites and to all the neighboring regions—the Jordan Valley, the hillcountry, the western foothills, the Negev, and the coastal plain. Go to the land of the Canaanites and to Lebanon, and all the way to the great Euphrates River. (8) Look, I am giving all this land to you! Go in and occupy it, for it is the land the Lord swore to give to your ancestors Abraham, Isaac, and Jacob, and to all their descendants.’”

 

もうここに十分いるではないか–出発しようYou Have Stayed Here Long Enough – Move On

 

大胆に! Be Bold!

 

(詩篇23:4 JCB)

たとえ、死の暗い谷間を通ることがあっても、恐れません。主がすぐそばにいて、私の行く道をいつもお守りくださるからです。

(Psalm 23:4 NLT)

Even when I walk through the darkest valley, I will not be afraid, for you areclose beside me. Your rod and your staff protect and comfort me.

 

約束の地 The Promised Land

 

(民数記13:27 JCB)

彼らの報告は次のとおりです。「ただいま戻りました。カナンは実にすばらしい国です。まさに、乳とみつが流れる国でした。その証拠に、持ち帰ったくだものをごらんください。

(Numbers 13:27 NLT)

This was their report to Moses: “We entered the land you sent us toexplore, and it is indeed a bountiful country—a land flowing with milk and honey. Here is thekind of fruit it produces.

(ヨハネ10:10 ALIVE訳)

強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかし私が来たのは、いのちを、あふれるほど豊かに与えるためです。

(John 10:10 NLT)

The thief’s purpose is to steal and kill and destroy. My purpose is to give them a rich and satisfying life.

Finish Well! / いい終わり方を心がける

Message Notes

April 28th, 2018
Lifehouse Sapporo 11AM Service
Speakers: Pastor Johannes Berns & Itaru Fujita

 

1. Stay full of vision! / ビジョンを持ち続ける

 

箴言29:18 / Proverbs 29:18 NIV

幻がなければ、民はほしいままにふるまう。しかし律法を守る者は幸いである。
Where there is no revelation, people cast off restraint; but blessed is the one who heeds wisdom’s instruction.

 

2. Eat right and rest well! / 正しく食べ、よく休む

 

マタイの福音書‬ ‭4:4‬ ‭JCB‬‬ / Matthew‬ ‭4:4‬ ‭NIV

「しかしイエスは、お答えになりました。「いいえ。聖書には、『人はただパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』 ( 申命8・3 ) と書いてある。わたしたちは、神のすべてのことばに従うべきなのです。」
Jesus answered, “It is written: ‘Man shall not live on bread alone, but on every word that comes from the mouth of God.’ ”‭‭‬

 

詩篇‬ ‭23:2-3‬ ‭JCB‬‬ / Psalm‬ ‭23:2‬ ‭NIV

「主は私を豊かな牧草地にいこわせ、 ゆるやかな流れのほとりに導いて行かれます。」
He makes me lie down in green pastures, he leads me beside quiet waters.‭‭‬

 

3. Eliminate Plan B! / プランBを捨てる

 

コロサイ人への手紙‬ ‭4:17‬ ‭JCB‬‬ / Colossians‬ ‭4:17‬ ‭NIV‬‬

「アルキポに、「主から命じられたことを、すべて忠実に果たすように」と伝えてください。」
Tell Archippus: “See to it that you complete the ministry you have received in the Lord.”

Resurrection Day – Celebrate 復活の日 – お祝い

Message Notes

April 4th, 2018
Lifehouse Sapporo 11AM Service
Speaker: Pastor Johannes Berns

 

1. Surprised By Resurrection 復活にビックリした

 

(John 20:1-8 NIV)

Early on the first day of the week, while it was still dark, Mary Magdalene went to the tomb and saw that the stone had been removed from the entrance. (2) So she came running to Simon Peter and the other disciple, the one Jesus loved, and said, “They have taken the Lord out of the tomb, and we don’t know where they have put him!” (3) So Peter and the other disciple started for the tomb. (4) Both were running, but the other disciple outran Peter and reached the tomb first. (5) He bent over and looked in at the strips of linen lying there but did not go in. (6) Then Simon Peter came along behind him and went straight into the tomb. He saw the strips of linen lying there, (7) as well as the cloth that had been wrapped around Jesus’ head. The cloth was still lying in its place, separate from the linen. (8) Finally the other disciple, who had reached the tomb first, also went inside. He saw and believed.

(ヨハネ 20:1-8 JCB)

週の初めの日(日曜日)、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリヤは墓に行きました。見ると、入り口の石がわきにのけてあります。(2)驚いたマリヤは、息せき切ってシモン・ペテロと私のところに駆けつけ、「たいへんよ。だれかが主のお体を取って行ったわ! いったいどこに置いたのかしら」と叫びました。(3-4)私たちはそれを確かめようと、二人して墓に急ぎました。私はペテロより足が速かったので、先に着きました。(5)すぐさま身をかがめてのぞき込むと、亜麻布が見えます。しかし中には入りませんでした。(6)続いてシモン・ペテロが駆けつけ、ためらわず中に入りました。彼もやはり亜麻布と、(7)そこからやや離れた所に、イエスの頭に巻かれていた布が、そのままの形で置いてあるのを見ました。(8)私もあとから入り、この有様を見て、イエスが復活なさったことを信じました。

 

2. Hearts-Burning In Resurrection 復活で心が燃えていた

 

(Luke 24:13-19a NIV)

Now that same day two of them were going to a village called Emmaus, about seven miles from Jerusalem. (14) They were talking with each other about everything that had happened. (15) As they talked and discussed these things with each other, Jesus himself came up and walked along with them; (16) but they were kept from recognizing him. (17) He asked them, “What are you discussing together as you walk along?” They stood still, their faces downcast. (18) One of them, named Cleopas, asked him, “Are you the only one visiting Jerusalem who does not know the things that have happened there in these days?” (19) “What things?” he asked. “About Jesus of Nazareth,” they replied. “He was a prophet, powerful in word and deed before God and all the people.

(ルカ 24:13-19a JCB)

この同じ日曜日のことです。二人の弟子が、エルサレムから十一キロほど離れたエマオという村へ急いでいました。(14)二人が道々話し合っていたのは、イエスの死のことでした。(15)そこへ突然、当のイエスが近づき、彼らと連れ立って歩き始めました。(16)しかし二人には、イエスだとはわかりません。神がそうなさったのです。(17)イエスが尋ねました。「何やら熱心にお話しのようですね。いったい何がそんなに問題なのですか。」すると二人は、急に顔をくもらせ、思わず足を止めました。(18)クレオパというほうの弟子があきれたように、「エルサレムにいながら、先週起こった、あの恐ろしい出来事を知らないとは。そんな人は、あなたぐらいのものでしょう」と言いました。(19)「どんなことでしょうか?」「ナザレ出身のイエス様のことをご存じないのですか。この方は、信じられないような奇跡を幾つもなさった預言者で、すばらしい教師でもあったのです。

 

(Luke 24:30-32 NIV)

When he was at the table with them, he took bread, gave thanks, broke it and began to give it to them. (31) Then their eyes were opened and they recognized him, and he disappeared from their sight. (32) They asked each other, “Were not our hearts burning within us while he talked with us on the road and opened the Scriptures to us?”

(ルカ 24:30-32 JCB)

食卓に着くと、イエスはパンを取り、神に祝福を祈り求め、ちぎって二人に渡しました。(31)その瞬間、二人の目が開かれ、その人がイエスだとわかりました。と同時に、イエスの姿はかき消すように見えなくなりました。(32)二人はあっけにとられながらも、「そう言えば、あの方が歩きながら語りかけてくださった時も、聖書のことばを説明してくださった時も、不思議なほど私たちの心が燃えていたではないか」と語り合いました。

 

-“I believe in a supernatural God!” “He changed my life” Empowered by resurrection. same power
「超自然的な神様を信じている!」『神様が人生を変えてくれた!』復活の力によって

 

(Romans 8:11 NIV)

And if the Spirit of him who raised Jesus from the dead is living in you, he who raised Christ from the dead will also give life to your mortal bodies because of his Spirit who lives in you.

(ローマ 8:11 ALIVE訳)

神がイエスを復活させた。そして神の霊が、みなさんのうちに住んでいるのなら、神は、この同じ神の霊によって、死後も、あなたがたの滅ぶべき体を復活させてくれるのだ。

 

(Romans 8:14-16 NIV)

For those who are led by the Spirit of God are the children of God. (15) The Spirit you received does not make you slaves, so that you live in fear again; rather, the Spirit you received brought about your adoption to sonship. And by him we cry, “Abba, Father.” (16) The Spirit himself testifies with our spirit that we are God’s children.

(ローマ 8:14-16 ALIVE訳)

神の霊によって導かれる者はだれでも、神の子どもだからだ。(15) そこで私たちは、奴隷のように、いつもびくびく恐れる必要はもうないのだ。 神の家族の中に、子どもとしてあたたかく迎え入れられたのだから。 神の霊が私たちを実の子どもとし、神をアバ(父さん)と呼ばせてくれるのだ―― 【アバ:アラム語で小さな子どもがお父さんを呼ぶとき「パパ」のように使われる】(16)というのは、神の霊が、私たちの心の奥底に、私たちはほんとうに神の子どもだよ、と語りかけてくれるからだ。

 

-where the spirit of the Lord is, there is freedom

-Kim Walker – break every chains

Jesus – Crucifixion Day – One Died For All イエス – 十字架に架けられた日 –ひとりの人が全ての人のために死んだ

Message Notes

March 31st, 2018
Lifehouse Sapporo 11AM Service
Speaker: Pastor Johannes Berns

 

Crucifixion Day – Who did Jesus exchange his life for?
十字架に架けられた日 – 誰とイエスは命を引換えた?

 

1. Jesus exchanged his life for Barabbas イエスはバラバと命を引き換えた
(all 4 Gospels) (4つの福音書全て)

 

(Matthew 27:20-22 NIV)

But the chief priests and the elders persuaded the crowd to ask for Barabbas and to have Jesus executed. (21) “Which of the two do you want me to release to you?” asked the governor. “Barabbas,” they answered. (22) “What shall I do, then, with Jesus who is called the Messiah?” Pilate asked. They all answered, “Crucify him!”

(マタイ 27:20-22 JCB)

ところが、祭司長とユダヤの役人たちは、バラバを釈放し、イエスの死刑を要求するように、群衆をたきつけました。(21)それで、ピラトがもう一度、「二人のうち、どちらを釈放してほしいのか」と尋ねると、群衆は即座に、「バラバを!」と大声で叫んだのでした。(22)「では、キリストと呼ばれるあのイエスは、どうするのだ。」「十字架につけろ!」

 

-3 crosses that day prepared ready for 3 murderers. One was named ‘Barabbas. (‘son of the father’)

その日3つの十字架が罪人のために用意されていた。1人はバラバ(父の息子)

-Jesus takes his place イエスはバラバの代わりになった

-the other thief too 他の盗人も

 

(Luke 23:39-43 NIV)

One of the criminals who hung there hurled insults at him: “Aren’t you the Messiah? Save yourself and us!” (40) But the other criminal rebuked him. “Don’t you fear God,” he said, “since you are under the same sentence? (41) We are punished justly, for we are getting what our deeds deserve. But this man has done nothing wrong.” (42) Then he said, “Jesus, remember me when you come into your kingdom.” (43) Jesus answered him, “Truly I tell you, today you will be with me in paradise.”

(ルカ 23:39-43 JCB)

イエスの横で十字架につけられていた犯罪人の一人が、「あんたはメシヤなんだってなあ。だったら、自分とおれたちを救ってもよさそうなもんだ。どうなんだ」とののしりました。(40-41)しかし、もう一人の犯罪人は、それをたしなめました。「この期に及んで、まだ神を恐れないのか! おれたちは悪事を働いたんだから、報いを受けるのはあたりまえだ。だが、このお方は悪いことは何もしなかったのだ。」 (42)そして、イエスにこう頼みました。「イエス様。御国に入る時、どうぞ私を思い出してください。」(43)イエスはお答えになりました。「あなたは今日、わたしといっしょにパラダイス(天国)に入ります。」

 

2. Jesus exchanges his life for the Roman soldier
イエスはローマ軍の隊長のためにも命を引き換えた

 

-Surely this was a righteous man「確かに、この人は正しい方だった」

 

(Luke 23:44-47 NIV)

It was now about noon, and darkness came over the whole land until three in the afternoon, (45) for the sun stopped shining. And the curtain of the temple was torn in two. (46) Jesus called out with a loud voice, “Father, into your hands I commit my spirit. When he had said this, he breathed his last. (47) The centurion, seeing what had happened, praised God and said, “Surely this was a righteous man.”

(ルカ 23:44-47 JCB)

その時です。正午だというのに、突然、あたりが暗くなり、午後三時までそんな状態が続きました。(45)太陽は光を失い、神殿の幕が、なんと真っ二つに裂けたのです。(46)その時イエスは、大声で、「父よ。わたしの霊を御手におゆだねします!」と叫んで、息を引き取られました。(47)刑を執行していたローマ軍の隊長は、不思議な出来事を見て、神への恐れに打たれ、「確かに、この人は正しい方だった」と言いました。

 

-Surely He was the son of God 「この人はほんとうに神の子だった!」

 

(Matthew 27:54 NIV)

When the centurion and those with him who were guarding Jesus saw the earthquake and all that had happened, they were terrified, and exclaimed, “Surely he was the Son of God!”

(マタイ 27:54 JCB)

十字架のそばにいた隊長や兵士たちは、このすさまじい地震やいろいろの出来事を見て震え上がり、「この人はほんとうに神の子だった!」と叫びました。

 

3. Jesus exchanged his life for me and you 私とあなたのためにもイエスは命を引き換えた

 

(Romans 5:6-8 NIV)

You see, at just the right time, when we were still powerless, Christ died for the ungodly. (7) Very rarely will anyone die for a righteous person, though for a good person someone might possibly dare to die. (8) But God demonstrates his own love for us in this: While we were still sinners, Christ died for us.

(ローマ 5:6-8 JCB)

私たちが逃れる道もなく、行き詰まっていた時、キリストはおいでになり、何のとりえもない、私たち罪人のために死んでくださいました。(7)たとえ私たちが良い人間であったとしても、だれかが自分のために死んでくれるなどとは考えてもみなかったでしょう。(8)しかし、私たちがまだ罪人であった時、神はキリストを遣わしてくださいました。そのキリストが私たちのために死なれたことにより、神は私たちに大きな愛を示してくださったのです。

 

(2 Corinthians 5:14-15 NIV)

For Christ’s love compels us, because we are convinced that one died for all, and therefore all died. (15) And he died for all, that those who live should no longer live for themselves but for him who died for them and was raised again.

(2 コリント 5:14-15 新改訳)

というのは、キリストの愛が私たちを取り囲んでいるからです。私たちはこう考えました。ひとりの人がすべての人のために死んだ以上、すべての人が死んだのです。(15) また、キリストがすべての人のために死なれたのは、生きている人々が、もはや自分のためにではなく、自分のために死んでよみがえった方のために生きるためなのです。

Psalm 77 – The Journey Of “Remembering Well” 詩篇77 – “上手く思い起こす”旅

Message Notes

December 30th, 2018
Lifehouse Sapporo 11AM Service
Speaker: Pastor Johannes Berns

 

Psalm 77 詩篇77

“I remember” 3 times. 思い起こすと3回言っている
Shows a journey. 旅路を伝えている
A new way of seeing as God sees. 神様が見ているように見る新しい見方

 

1. The tough times タフな時

(Psalm 77:1-3 NKJV)

I cried out to God with my voice— To God with my voice; And He gave ear to me. (2) In the day of my trouble I sought the Lord; My hand was stretched out in the night without ceasing; My soul refused to be comforted. (3) I remembered God, and was troubled; I complained, and my spirit was overwhelmed. Selah

(詩篇 77:1-3 JCB)

私は神に向かい声をあげて、叫ぶ。私が神に向かって声をあげると、神は聞かれる。(2)苦難の日に、私は主を尋ね求め、夜には、たゆむことなく手を差し伸ばしたが、私のたましいは慰めを拒んだ。(3)私は神を思い起こして嘆き、思いを潜めて、私の霊は衰え果てる。セラ

 

-Elijah. Can it get any worse? エリヤ。これ以上最悪になることある?

 

(1 King 19:9-13 NKJV)

And there he went into a cave, and spent the night in that place; and behold, the word of the Lord came to him, and He said to him, “What are you doing here, Elijah?” (10) So he said, “I have been very zealous for the Lord God of hosts; for the children of Israel have forsaken Your covenant, torn down Your altars, and killed Your prophets with the sword. I alone am left; and they seek to take my life.” (11) Then He said, “Go out, and stand on the mountain before the Lord.” And behold, the Lord passed by, and a great and strong wind tore into the mountains and broke the rocks in pieces before the Lord, but the Lord was not in the wind; and after the wind an earthquake, but the Lord was not in the earthquake; (12) and after the earthquake a fire, but the Lord was not in the fire; and after the fire a still small voice. (13) So it was, when Elijah heard it, that he wrapped his face in his mantle and went out and stood in the entrance of the cave. Suddenly a voice came to him, and said, “What are you doing here, Elijah?”

(1 列王記 19:9-13 JCB)

そこにあるほら穴に入りました。すると、彼に主のことばがありました。「エリヤ、ここで何をしているのか。」(10)「私は、天地の支配者である神、主のために一生懸命に働いてきました。ところが、イスラエルの民はあなたと交わした契約を破って祭壇を壊し、あなたの預言者たちを殺しました。彼らは今、一人生き残った私まで殺そうとしています。」(11)すると、「外に出て、山の上でわたしの前に立ちなさい」と主のことばがありました。と、その時、主が通り過ぎ、激しい風が山を直撃し、岩が砕け落ちました。しかし、風の中に主はいませんでした。風のあとに地震が起こりましたが、そこにも主はいませんでした。(12)地震のあとに火が燃えましたが、火の中にも主はいませんでした。火のあとに、ささやくような細い声が聞こえてきました。(13)エリヤはそれを聞くと、顔を外套で覆い、ほら穴の入口に立ちました。すると、「エリヤ、なぜ、ここにいるのか」という声がありました。

 

“Tough times never last, but tough people do!” タフな状況は長続きしない、タフな人はずっと続く

 

2. My response in the tough times = Songs in the night. タフな時の対応の仕方=タフな時の歌

(Psalm 77:3-9 NKJV)

I remembered God, and was troubled; I complained, and my spirit was overwhelmed. Selah (4) You hold my eyelids open; I am so troubled that I cannot speak. (5) I have considered the days of old, The years of ancient times. (6) I call to remembrance my song in the night; I meditate within my heart, And my spirit makes diligent search. (7) Will the Lord cast off forever? And will He be favorable no more? (8) Has His mercy ceased forever? Has His promise failed forevermore? (9) Has God forgotten to be gracious? Has He in anger shut up His tender mercies? Selah

(詩篇 77:3-9)

私は神を思い起こして嘆き、思いを潜めて、私の霊は衰え果てる。セラ(4)あなたは、私のまぶたを閉じさせない。私の心は乱れて、もの言うこともできない。(5)私は、昔の日々、遠い昔の年々を思い返した。(6)夜には私の歌を思い起こし、自分の心と語り合い、私のたましいは問いかける。(7)「主は、いつまでも拒まれるのだろうか。もう決して愛してくださらないのだろうか。(8)主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。(9)神は、いつくしみを忘れたのだろうか。もしや、怒ってあわれみを閉じてしまわれたのだろうか。」セラ

 

Paul and Silas パウロとシラス

 

(Acts 16:25 NKJV)

But at midnight Paul and Silas were praying and singing hymns to God, and the prisoners were listening to them.

(使徒 16:25 新改訳)

真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。

Remember the whole context. The whole puzzle, not the single piece.

 

3. The Response of faith to a Good and Powerful God 素晴らしくてパワフルな神様への信仰の応答

(Psalm 77:10-15 NKJV)

And I said, “This is my anguish; But I will remember the years of the right hand of the Most High.” (11) I will remember the works of the Lord; Surely I will remember Your wonders of old. (12) I will also meditate on all Your work, And talk of Your deeds. (13) Your way, O God, is in the sanctuary; Who is so great a God as our God? (14) You are the God who does wonders; You have declared Your strength among the peoples. (15) You have with Your arm redeemed Your people, The sons of Jacob and Joseph. Selah

(詩篇 77:10-15 新改訳)

そのとき私は言った。「私の弱いのはいと高き方の右の手が変わったことによる。」(11)私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。(12)私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを、静かに考えよう。(13)神よ。あなたの道は聖です。神のように大いなる神が、ほかにありましょうか。(14)あなたは奇しいわざを行なわれる神、国々の民の中に御力を現わされる方です。 (15)あなたは御腕をもって、ご自分の民、ヤコブとヨセフの子らを贖われました。セラ

 

(Psalm 31:15a NIV)

My times are in your hands; deliver me from the hands of my enemies,

(詩篇 31:15 新改訳)

私の時は、御手の中にあります。私を敵の手から、また追い迫る者の手から、救い出してください。

 

(Psalm 31:15 MSG)

Hour by hour I place my days in your hand, safe from the hands out to get me.

(詩篇 31:15 JCB)

私の時はあなたの手の中にあります。情け容赦なく追い立てる者の手からお助けください。

 

4. At all parts of their journey – The confession of faith: “The Lord is my shepherd” 全ての旅路の中で – 信仰の告白 – 主は私の羊飼い

(Psalm 77:16-20 NKJV)

The waters saw You, O God; The waters saw You, they were afraid; The depths also trembled. (17) The clouds poured out water; The skies sent out a sound; Your arrows also flashed about. (18) The voice of Your thunder was in the whirlwind; The lightnings lit up the world; The earth trembled and shook. (19) Your way was in the sea, Your path in the great waters, And Your footsteps were not known. (20) You led Your people like a flock By the hand of Moses and Aaron.

(詩篇 77:16-20 新改訳)

神よ。水はあなたを見たのです。水はあなたを見て、わななきました。わたつみもまた、震え上がりました。(17)雲は水を注ぎ出し、雷雲は雷をとどろかし、あなたの矢もまた、ひらめき飛びました。(18)あなたの雷の声は、いくさ車のように鳴り、いなずまは世界を照らし、地は震え、揺れ動きました。(19)あなたの道は海の中にあり、あなたの小道は大水の中にありました。それで、あなたの足跡を見た者はありません。(20)あなたは、ご自分の民を、モーセとアロンの手によって、羊の群れのように導かれました。

 

-“The Lord is my shepherd” 主は私の羊飼い

 

(Psalm 23:1 NKJV)

The Lord is my shepherd; I shall not want.

(詩篇 23:1 新改訳)

主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

Experience Christmas: More Than I Expected クリスマスを想像以上に体験する

Message Notes

December 23rd, 2018
Lifehouse Sapporo 11AM Service
Speaker: Pastor Johannes Berns

 

On the first Christmas they were expecting a King.
最初のクリスマスの日、彼らは王様が生まれるのを待っていた。

The King Expected someone to over throw him – and tried to Kill Him.
当時の王様は、自分の地位を危うくする存在を知って、殺そうとした。

 

Matthew 2:3-6 NIV

When King Herod heard this he was disturbed, and all Jerusalem with him. When he had called together all the people’s chief priests and teachers of the law, he asked them where the Messiah was to be born.
“In Bethlehem in Judea,” they replied, “for this is what the prophet has written:
“‘But you, Bethlehem, in the land of Judah,
are by no means least among the rulers of Judah; for out of you will come a ruler
who will shepherd my people Israel.’”

マタイの福音書 2:4-6 JCB

“大王はさっそくユダヤ人の宗教的指導者たちを召集し、「預言者どもは、メシヤ(救い主)がどこで生まれると告げているのか」と尋ねました。 彼らは答えました。 「ユダヤのベツレヘムです。 預言者ミカがこう書いております。 『小さな町ベツレヘムよ。 おまえはユダヤの中でも決して ただのつまらない町ではない。 おまえから偉大な支配者が出て、 わたしの国民イスラエルを 治めるようになるからだ。』」”

 

Who came? A Baby… in a small town in a poor family born in a manger.
誰が来た?小さな町の貧し家で、飼い葉桶に寝かされた男の子

 

Matthew 1:18

This is how the birth of Jesus the Messiah came about: His mother Mary was pledged to be married to Joseph, but before they came together, she was found to be pregnant through the Holy Spirit.

マタイの福音書 1:18 JC

“イエス・キリストの誕生は次のとおりです。 母マリヤはヨセフと婚約していました。 ところが、結婚する前に、聖霊によってみごもったのです。”

 

Matthew 1:20-21

But after he had considered this, an angel of the Lord appeared to him in a dream and said, “Joseph son of David, do not be afraid to take Mary home as your wife, because what is conceived in her is from the Holy Spirit. She will give birth to a son, and you are to give him the name Jesus, because he will save his people from their sins.”

マタイの福音書 1:20-21 JCB

“ヨセフがこのことで悩んでいた時、御使いが夢に現われて言いました。 「ダビデの子孫ヨセフよ。 ためらわないで、マリヤと結婚しなさい。 マリヤは聖霊様によってみごもったのです。 彼女は男の子を産みます。 その子をイエス(救い主)と名づけなさい。 この方こそ、ご自分を信じる人々を、罪から救ってくださるからです。”

 

JESUS is more than you ever expected
イエスは、私たちの期待以上の存在

 

Romans 5:5

And this hope will not lead to disappointment. For we know how dearly God loves us, because he has given us the Holy Spirit to fill our hearts with his love.

ローマ人への手紙 5:5 JCB

“そうなった時、どんなことが起ころうと失望落胆せず、また、万事が益であるとわかります。 それは、神様がどんなに深く愛していてくださるか、わかるからです。 私たちは、そのあたたかい愛を全身で感じています。 それは、神様が聖霊様を与えてくださり、その聖霊様が私たちの心に、神様の愛を満たしてくださっているからです。”

 

This year – What are you expecting?
今年 – あなたは何を期待してる?

 

Romans 10:9 NIV

[9] If you declare with your mouth, “Jesus is Lord,” and believe in your heart that God raised him from the dead, you will be saved.
 

ローマ人への手紙 10:9 JCB

“なぜなら、もし自分の口で「イエス・キリストは私の主です」と告白し、自分の心で、神様はイエス・キリストを死人の中から復活させてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。”