将来を変える3つの質問 3 Questions that Change the Future

メッセージノート
LIFEHOUSE SAPPORO 2017.11.05
14時の礼拝ノート
Shared by Thomas Belshaw
Original Notes from LIFEHOUSE OSAKA (2017年10月22日)
By Ps Noboru Koga

将来を変える3つの質問 3 Questions that Change the Future

マルコ10:51
「どうしてほしいのですか」と、イエスがお尋ねになると、彼はもどかしげに、「先生。 見えるように、見えるようになりたいんです」と答えました。
Mark 10:51 (NIV)
What do you want me to do for you?” Jesus asked him. The blind man said, “Rabbi, I want to see.”

ヨハネ14:12
よく言っておきます。 わたしを信じる者はだれでも、わたしと同じ奇蹟を行なうばかりか、それよりもさらに大きな奇蹟さえ行なうのです。 わたしが父のもとに行くからです。
John 14:12 (NIV)
Very truly I tell you, whoever believes in me will do the works I have been doing,and they will do even greater things than these, because I am going to the Father.

1.将来、あなたは何を見たい?
What do you want to see in your future?

ヨハネ9:1‐3
またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。
John 9:1-3 (NIV)
As he went along, he saw a man blind from birth. [2]His disciples asked him, “Rabbi, who sinned, this man or his parents, that he was born blind?”
[3] “Neither this man nor his parents sinned,” said Jesus, “but this happened so that the works of God might be displayed in him.

ヘブル 11:1
信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。
Hebrews11:1(ESV)
Now faith is the assurance of things hoped for, the conviction of things not seen.

2. それは誰のためになるの? Who would it help?

ヨハネ10:14‐16 わたしは良い羊飼いであり、自分の羊を知っています。 また羊もわたしを知っています。わたしの父がわたしを知っておられ、わたしも父を知っているのと同じです。 わたしは羊のためにいのちを捨てるのです。このほかに、別の囲いにも羊がいます。 その羊をも導かなければなりません。 やがてその羊も、わたしの声に注意深く聞き従い、一人の羊飼いのもとに一つの群れとなるのです。
John 10:14-16 (NIV)
“I am the good shepherd; I know my sheep and my sheep know me— [15] just as the Father knows me and I know the Father—and I lay down my life for the sheep. [16] I have other sheep that are not of this sheep pen. I must bring them also. They too will listen to my voice, and there shall be one flock and one shepherd.

3. じゃ、今、何するべき?
So, now, what should I do?

2コリント9:11‐12
そうです。 神様からたっぷりいただいたあなたがたは、人にもたくさん贈ることができるのです。 そして、私たちが、その贈り物を必要としている人々に届ける時、そこには感謝が満ちあふれ、あなたがたの援助のゆえに神様への賛美がわき上がるのです。そういうわけで、その贈り物は、二つのすばらしい結果を生み出します。 すなわち、困っている人々が助けられること、そして、彼らの神様に対する感謝の念が満ちあふれることです。
2 Corinthians 9:11-12 (NIV)
You will be enriched in every way so that you can be generous on every occasion, and through us your generosity will result in thanksgiving to God. [12] This service that you perform is not only supplying the needs of the Lord’s people but is also overflowing in many expressions of thanks to God.

神と時間を過ごす Spending Time With God

メッセージノート
LIFEHOUSE SAPPORO 2017.11.05
11時の礼拝ノート
Shared by Ps Johannes Berns
Original Notes from LIFEHOUSE TOKYO (2017年10月22日)
By Ps Kirby Sato  佐藤カービー牧師
神と時間を過ごす Spending Time With God
(黙示録 3:20 ALIVE訳)ごらんなさい。私は戸の外で、しきりにたたいている。その呼びかけにこたえて戸を開ける人なら、だれとでも、私は中に入って、楽しく食事をしよう。
(Revelation 3:20 ERV) Here I am! I stand at the door and knock. If you hear my voice and open the door, I will come in and eat with you. And you will eat with me.
(黙示録3:19-20 AMPからの直訳)私は[心から、深く、やさしく]愛する者を、叱り、躾する[彼らの欠点を示し、指導する]。だから、心を入れ替え、熱くいよう[内側の自分を変え—以前の考え方、悪い態度から–神の思いを求める]。(20)~”見て” 私は(教会の)扉の外に立ち、しきりにたたいている。誰でも私の呼びかけにこたえて扉を開けるなら、私は中に入って彼と食事をしよう(彼を回復させよう)。私と一緒。
(Revelation 3:19-20 AMP) ‘Those whom I [dearly and tenderly] love, I rebuke and discipline [showing them their faults and instructing them]; so be enthusiastic and repent [change your inner self–your old way of thinking, your sinful behavior–seek God’s will]. (20) ~‘Behold, I stand at the door [of the church] and continually knock. If anyone hears My voice and opens the door, I will come in and eat with him (restore him), and he with Me.
(ルカ 5:16 ALIVE訳)イエスは、常に人に囲まれていたが、かかさず、しかも頻繁に1人で祈りに出かけたのであった。
(Luke 5:16 ERV) Jesus often went away to other places to be alone so that he could pray.
ある時は朝 Sometimes In The Morning
(マルコ 1:35-37 ALIVE訳)翌朝——一人っきりで祈るためにイエスは家を出た。外はまだ暗くて涼しい。イエスがいなくなってからだいぶ時間がたったが、一向に戻ってこない。何の音沙汰もなかったので、シモンは仲間を連れてイエスを探しに出た——「い、いたぞー!」「こぉ—んなとこにいたんスかッ!みんな探してたんスよー!」
(Mark 1:35-37 ERV) The next morning Jesus woke up very early. He left the house while it was still dark and went to a place where he could be alone and pray. (36) Later, Simon and his friends went to look for Jesus. (37) They found him and said, “Everyone is looking for you!”
ある時は夜 Sometimes At Night
(マルコ 6:45-46 ALIVE訳)それからイエスは、先に小舟に乗って湖の向こう側にあるベツサイダの町に行くようにと一味に指示した。1人残ったイエスは、周りにいた人たちにも家に帰るようにと言い聞かせ、みんなにさよならをすると、1人で祈るため、山に登って行った。
(Mark 6:45-46 ERV) Then Jesus told the followers to get into the boat. He told them to go to the other side of the lake to Bethsaida. He said he would come later. He stayed there to tell everyone they could go home. (46) After he said goodbye to them, he went up into the hills to pray.
1. 優先意識 Priority
2. 1人っきり Alone
3. 祈りは父さんとの時間だった Prayer Was A Way To Spend Time With The Father
どうやって過ごせばいいの? How Should We Spend Our Time?
(マタイ ‭6:6‬ ‭JCB)‬‬祈る時には、一人で部屋に閉じこもり、父なる神に祈りなさい。隠れたことはどんな小さなことでもご存じのあなたの父から、必ずごほうびがいただけます。
(Matthew 6:6 NLT) But when you pray, you should go into your room and close the door. Then pray to your Father. He is there in that private place. He can see what is done in private, and he will reward you.
(マタイ 6:9-13 ALIVE訳)こう祈れ! 天の父さん(神)、 あなたの名がいつまでも誰よりも讃えられるように! (10)あなたの王国(キングダム)よ、来い! あなたの思いどおりになる天のように、ここでも実現されよ! (11)毎日必要な食料の調達を! (12)俺たちが赦したように赦して! (13)どうか俺たちを誘惑から守り、 悪から救ってくれ!――【決して神に命令しているのではなく、親子の関係を表した祈りだった】
(Matthew‬ ‭6:9-13‬ ‭ERV)‬‬ So this is how you should pray: ‘Our Father in heaven, we pray that your name will always be kept holy. (10)We pray that your kingdom will come— that what you want will be done here on earth, the same as in heaven. (11)Give us the food we need for today. (12)Forgive our sins, just as we have forgiven those who did wrong to us. (13)Don’t let us be tempted, but save us from the Evil One.
決まった言い方じゃなく、親子の関係
It’s Not About Saying The Sets Of Words, It’s A Relationship Between The Father And A Child
考えるだけじゃなく、話そうDon’t just Think but Actually Talk
話すだけじゃなく、尋ねようDon’t just Talk but Actually Ask
尋ねるだけじゃなく、聞こうDon’t just Ask but Actually Listen
聞くだけじゃなく、信頼しようDon’t just Listen but Actually Trust
(ヘブル 11:6 ALIVE訳)信仰なしに神を喜ばすことは出来ない。神のもとへ行きたければ、神の存在を信じ、熱心に神を求めるなら必ず報われることを信じなければならない。
(Hebrews 11:6 ERV) Without faith no one can please God. Whoever comes to God must believe that he is real and that he rewards those who sincerely try to find him.

Unlock The Power 力を解放する

メッセージノート
Sept 24, 2017 Lifehouse Sapporo
2PM Service
Messenger Shigesato Nakano
Original Message notes by LIFEHOUSE TOKYO
by Ps Monty Plummer モンティー・プラマー 牧師
(10 September 2017 2017年9月10日 3:30pm service 3:30om 礼拝)
Unlock The Power 力を解放する
(Phil 4:6-7 NLT) Don’t worry about anything; instead, pray about everything. Tell God what you need,
and thank him for all he has done. (7) Then you will experience God’s peace, which exceeds anything we
can understand. His peace will guard your hearts and minds as you live in Christ Jesus.
(ピリピ 4:6-7 ALIVE訳)何事も心配するな。心配を祈りに変えるんだ。すでに持っているものに感謝したうえで神に願うのだ!(7)
そうすれば、神が安心と自信を注ぎ、精神的に安定させてくれる。それは、人の考え方では実現不可能なレベルの自信と安心
だ。
Don’t Worry 心配しない
Prayer 祈り
Thankfulness 感謝
(Hebrews 11:1) Faith shows the reality of what we hope for; it is the evidence of things we cannot see.
(ヘブル 11:1 ALIVE訳)信仰とは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信のことだ。また、どうやって起こるかわからない
行く手にも、望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことである。

喜びを奪われないで! – ピリピ3 Don’t Let Your Joy Be Stolen! – Philippians 3

メッセージノート

Sept. 24, 2017 Lifehouse Sapporo
11AM Service
Messenger: Jordan Perry

Original Message Notes from Lifehouse Tokyo
Ps Noboru Koga (2017/09/03 – 1pm)

喜びを奪われないで! – ピリピ3 Don’t Let Your Joy Be Stolen! – Philippians 3
(ピリピ3:1)最後に、私の兄弟たち。主にあって喜びなさい。前と同じことを書きますが、これは、私には煩わしいことではなく、あなたがたの安全のためにもなることです。
(Philippians 3:1) Further, my brothers and sisters, rejoice in the Lord! It is no trouble for me to write
the same things to you again, and it is a safeguard for you.
(箴言 17:22)喜びを抱く心はからだを養うが、霊が沈みこんでいると骨まで枯れる。
(Proverbs 17:22 NLT) A cheerful heart is good medicine, but a broken spirit saps a person’s strength.
(2 テモテ 4:3)なぜなら、人々が真理のことばは耳ざわりだと敬遠し、自分につごうのよい話をする教師を求めて歩き回る時代が来るからです。
(2 Timothy 4:3 NLT) For a time is coming when people will no longer listen to sound and wholesome
teaching. They will follow their own desires and will look for teachers who will tell them whatever their
itching ears want to hear.
-実際、ピリピの教会で何が起きていたのか?(何故この忠告をしたのか?)
What was actually happening in Philippian Church? (Why was he giving this warning?)
(ピリピ3:2-3 リビング訳)救われるためには割礼(男子の生殖器の包皮を切り取る儀式)を受ける必要があると教える、あの悪い連中を警戒してください。危険な犬ですから。肉体の一部を切り取りさえすれば、神様の子供になれるのではありません。霊をもって神様を礼拝する者こそ、神様の子供なのです。その礼拝こそが、ただ一つの真の「割礼」です。クリスチャンの誇れることと言ったら、キリスト・イエスが成し遂げてくださったわざだけです。自分で自分を救うことなどとてもできないと、よく知っているはずです。
(Philippians 3:2-3) Watch out for those dogs, those evildoers, those mutilators of the flesh. 3For it is
we who are the circumcision, we who serve God by his Spirit, who boast in Christ Jesus, and who put no confidence in the flesh—
– どんな敵があったのか? What kinds of enemies were there?
1.方法(やり方)という敵 The Enemy Of Methods (How To)
(ピリピ3:14)キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。
(Philippians 3:14) I press on toward the goal to win the prize for which God has called me heavenward in Christ Jesus.
2.疑いという敵 The Enemy Of Doubt
– 信じることに力がある There’s a power in believing
(エペソ 1:19)また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あ
なたがたが知ることができますように
(Philippians 1:19) for I know that through your prayers and God’s provision of the Spirit of Jesus Christ
what has happened to me will turn out for my deliverance.
(ピリピ3:20)けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち
望んでいます。
(Ephesians 3:20 NLT) Now all glory to God, who is able, through his mighty power at work within us, to accomplish infinitely more than we might ask or think.