Category Archives: メッセージノート

将来を変える3つの質問 3 Questions that Change the Future

メッセージノート
LIFEHOUSE SAPPORO 2017.11.05
14時の礼拝ノート
Shared by Thomas Belshaw
Original Notes from LIFEHOUSE OSAKA (2017年10月22日)
By Ps Noboru Koga

将来を変える3つの質問 3 Questions that Change the Future

マルコ10:51
「どうしてほしいのですか」と、イエスがお尋ねになると、彼はもどかしげに、「先生。 見えるように、見えるようになりたいんです」と答えました。
Mark 10:51 (NIV)
What do you want me to do for you?” Jesus asked him. The blind man said, “Rabbi, I want to see.”

ヨハネ14:12
よく言っておきます。 わたしを信じる者はだれでも、わたしと同じ奇蹟を行なうばかりか、それよりもさらに大きな奇蹟さえ行なうのです。 わたしが父のもとに行くからです。
John 14:12 (NIV)
Very truly I tell you, whoever believes in me will do the works I have been doing,and they will do even greater things than these, because I am going to the Father.

1.将来、あなたは何を見たい?
What do you want to see in your future?

ヨハネ9:1‐3
またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。
John 9:1-3 (NIV)
As he went along, he saw a man blind from birth. [2]His disciples asked him, “Rabbi, who sinned, this man or his parents, that he was born blind?”
[3] “Neither this man nor his parents sinned,” said Jesus, “but this happened so that the works of God might be displayed in him.

ヘブル 11:1
信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。
Hebrews11:1(ESV)
Now faith is the assurance of things hoped for, the conviction of things not seen.

2. それは誰のためになるの? Who would it help?

ヨハネ10:14‐16 わたしは良い羊飼いであり、自分の羊を知っています。 また羊もわたしを知っています。わたしの父がわたしを知っておられ、わたしも父を知っているのと同じです。 わたしは羊のためにいのちを捨てるのです。このほかに、別の囲いにも羊がいます。 その羊をも導かなければなりません。 やがてその羊も、わたしの声に注意深く聞き従い、一人の羊飼いのもとに一つの群れとなるのです。
John 10:14-16 (NIV)
“I am the good shepherd; I know my sheep and my sheep know me— [15] just as the Father knows me and I know the Father—and I lay down my life for the sheep. [16] I have other sheep that are not of this sheep pen. I must bring them also. They too will listen to my voice, and there shall be one flock and one shepherd.

3. じゃ、今、何するべき?
So, now, what should I do?

2コリント9:11‐12
そうです。 神様からたっぷりいただいたあなたがたは、人にもたくさん贈ることができるのです。 そして、私たちが、その贈り物を必要としている人々に届ける時、そこには感謝が満ちあふれ、あなたがたの援助のゆえに神様への賛美がわき上がるのです。そういうわけで、その贈り物は、二つのすばらしい結果を生み出します。 すなわち、困っている人々が助けられること、そして、彼らの神様に対する感謝の念が満ちあふれることです。
2 Corinthians 9:11-12 (NIV)
You will be enriched in every way so that you can be generous on every occasion, and through us your generosity will result in thanksgiving to God. [12] This service that you perform is not only supplying the needs of the Lord’s people but is also overflowing in many expressions of thanks to God.

神と時間を過ごす Spending Time With God

メッセージノート
LIFEHOUSE SAPPORO 2017.11.05
11時の礼拝ノート
Shared by Ps Johannes Berns
Original Notes from LIFEHOUSE TOKYO (2017年10月22日)
By Ps Kirby Sato  佐藤カービー牧師
神と時間を過ごす Spending Time With God
(黙示録 3:20 ALIVE訳)ごらんなさい。私は戸の外で、しきりにたたいている。その呼びかけにこたえて戸を開ける人なら、だれとでも、私は中に入って、楽しく食事をしよう。
(Revelation 3:20 ERV) Here I am! I stand at the door and knock. If you hear my voice and open the door, I will come in and eat with you. And you will eat with me.
(黙示録3:19-20 AMPからの直訳)私は[心から、深く、やさしく]愛する者を、叱り、躾する[彼らの欠点を示し、指導する]。だから、心を入れ替え、熱くいよう[内側の自分を変え—以前の考え方、悪い態度から–神の思いを求める]。(20)~”見て” 私は(教会の)扉の外に立ち、しきりにたたいている。誰でも私の呼びかけにこたえて扉を開けるなら、私は中に入って彼と食事をしよう(彼を回復させよう)。私と一緒。
(Revelation 3:19-20 AMP) ‘Those whom I [dearly and tenderly] love, I rebuke and discipline [showing them their faults and instructing them]; so be enthusiastic and repent [change your inner self–your old way of thinking, your sinful behavior–seek God’s will]. (20) ~‘Behold, I stand at the door [of the church] and continually knock. If anyone hears My voice and opens the door, I will come in and eat with him (restore him), and he with Me.
(ルカ 5:16 ALIVE訳)イエスは、常に人に囲まれていたが、かかさず、しかも頻繁に1人で祈りに出かけたのであった。
(Luke 5:16 ERV) Jesus often went away to other places to be alone so that he could pray.
ある時は朝 Sometimes In The Morning
(マルコ 1:35-37 ALIVE訳)翌朝——一人っきりで祈るためにイエスは家を出た。外はまだ暗くて涼しい。イエスがいなくなってからだいぶ時間がたったが、一向に戻ってこない。何の音沙汰もなかったので、シモンは仲間を連れてイエスを探しに出た——「い、いたぞー!」「こぉ—んなとこにいたんスかッ!みんな探してたんスよー!」
(Mark 1:35-37 ERV) The next morning Jesus woke up very early. He left the house while it was still dark and went to a place where he could be alone and pray. (36) Later, Simon and his friends went to look for Jesus. (37) They found him and said, “Everyone is looking for you!”
ある時は夜 Sometimes At Night
(マルコ 6:45-46 ALIVE訳)それからイエスは、先に小舟に乗って湖の向こう側にあるベツサイダの町に行くようにと一味に指示した。1人残ったイエスは、周りにいた人たちにも家に帰るようにと言い聞かせ、みんなにさよならをすると、1人で祈るため、山に登って行った。
(Mark 6:45-46 ERV) Then Jesus told the followers to get into the boat. He told them to go to the other side of the lake to Bethsaida. He said he would come later. He stayed there to tell everyone they could go home. (46) After he said goodbye to them, he went up into the hills to pray.
1. 優先意識 Priority
2. 1人っきり Alone
3. 祈りは父さんとの時間だった Prayer Was A Way To Spend Time With The Father
どうやって過ごせばいいの? How Should We Spend Our Time?
(マタイ ‭6:6‬ ‭JCB)‬‬祈る時には、一人で部屋に閉じこもり、父なる神に祈りなさい。隠れたことはどんな小さなことでもご存じのあなたの父から、必ずごほうびがいただけます。
(Matthew 6:6 NLT) But when you pray, you should go into your room and close the door. Then pray to your Father. He is there in that private place. He can see what is done in private, and he will reward you.
(マタイ 6:9-13 ALIVE訳)こう祈れ! 天の父さん(神)、 あなたの名がいつまでも誰よりも讃えられるように! (10)あなたの王国(キングダム)よ、来い! あなたの思いどおりになる天のように、ここでも実現されよ! (11)毎日必要な食料の調達を! (12)俺たちが赦したように赦して! (13)どうか俺たちを誘惑から守り、 悪から救ってくれ!――【決して神に命令しているのではなく、親子の関係を表した祈りだった】
(Matthew‬ ‭6:9-13‬ ‭ERV)‬‬ So this is how you should pray: ‘Our Father in heaven, we pray that your name will always be kept holy. (10)We pray that your kingdom will come— that what you want will be done here on earth, the same as in heaven. (11)Give us the food we need for today. (12)Forgive our sins, just as we have forgiven those who did wrong to us. (13)Don’t let us be tempted, but save us from the Evil One.
決まった言い方じゃなく、親子の関係
It’s Not About Saying The Sets Of Words, It’s A Relationship Between The Father And A Child
考えるだけじゃなく、話そうDon’t just Think but Actually Talk
話すだけじゃなく、尋ねようDon’t just Talk but Actually Ask
尋ねるだけじゃなく、聞こうDon’t just Ask but Actually Listen
聞くだけじゃなく、信頼しようDon’t just Listen but Actually Trust
(ヘブル 11:6 ALIVE訳)信仰なしに神を喜ばすことは出来ない。神のもとへ行きたければ、神の存在を信じ、熱心に神を求めるなら必ず報われることを信じなければならない。
(Hebrews 11:6 ERV) Without faith no one can please God. Whoever comes to God must believe that he is real and that he rewards those who sincerely try to find him.

Unlock The Power 力を解放する

メッセージノート
Sept 24, 2017 Lifehouse Sapporo
2PM Service
Messenger Shigesato Nakano
Original Message notes by LIFEHOUSE TOKYO
by Ps Monty Plummer モンティー・プラマー 牧師
(10 September 2017 2017年9月10日 3:30pm service 3:30om 礼拝)
Unlock The Power 力を解放する
(Phil 4:6-7 NLT) Don’t worry about anything; instead, pray about everything. Tell God what you need,
and thank him for all he has done. (7) Then you will experience God’s peace, which exceeds anything we
can understand. His peace will guard your hearts and minds as you live in Christ Jesus.
(ピリピ 4:6-7 ALIVE訳)何事も心配するな。心配を祈りに変えるんだ。すでに持っているものに感謝したうえで神に願うのだ!(7)
そうすれば、神が安心と自信を注ぎ、精神的に安定させてくれる。それは、人の考え方では実現不可能なレベルの自信と安心
だ。
Don’t Worry 心配しない
Prayer 祈り
Thankfulness 感謝
(Hebrews 11:1) Faith shows the reality of what we hope for; it is the evidence of things we cannot see.
(ヘブル 11:1 ALIVE訳)信仰とは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信のことだ。また、どうやって起こるかわからない
行く手にも、望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことである。

喜びを奪われないで! – ピリピ3 Don’t Let Your Joy Be Stolen! – Philippians 3

メッセージノート

Sept. 24, 2017 Lifehouse Sapporo
11AM Service
Messenger: Jordan Perry

Original Message Notes from Lifehouse Tokyo
Ps Noboru Koga (2017/09/03 – 1pm)

喜びを奪われないで! – ピリピ3 Don’t Let Your Joy Be Stolen! – Philippians 3
(ピリピ3:1)最後に、私の兄弟たち。主にあって喜びなさい。前と同じことを書きますが、これは、私には煩わしいことではなく、あなたがたの安全のためにもなることです。
(Philippians 3:1) Further, my brothers and sisters, rejoice in the Lord! It is no trouble for me to write
the same things to you again, and it is a safeguard for you.
(箴言 17:22)喜びを抱く心はからだを養うが、霊が沈みこんでいると骨まで枯れる。
(Proverbs 17:22 NLT) A cheerful heart is good medicine, but a broken spirit saps a person’s strength.
(2 テモテ 4:3)なぜなら、人々が真理のことばは耳ざわりだと敬遠し、自分につごうのよい話をする教師を求めて歩き回る時代が来るからです。
(2 Timothy 4:3 NLT) For a time is coming when people will no longer listen to sound and wholesome
teaching. They will follow their own desires and will look for teachers who will tell them whatever their
itching ears want to hear.
-実際、ピリピの教会で何が起きていたのか?(何故この忠告をしたのか?)
What was actually happening in Philippian Church? (Why was he giving this warning?)
(ピリピ3:2-3 リビング訳)救われるためには割礼(男子の生殖器の包皮を切り取る儀式)を受ける必要があると教える、あの悪い連中を警戒してください。危険な犬ですから。肉体の一部を切り取りさえすれば、神様の子供になれるのではありません。霊をもって神様を礼拝する者こそ、神様の子供なのです。その礼拝こそが、ただ一つの真の「割礼」です。クリスチャンの誇れることと言ったら、キリスト・イエスが成し遂げてくださったわざだけです。自分で自分を救うことなどとてもできないと、よく知っているはずです。
(Philippians 3:2-3) Watch out for those dogs, those evildoers, those mutilators of the flesh. 3For it is
we who are the circumcision, we who serve God by his Spirit, who boast in Christ Jesus, and who put no confidence in the flesh—
– どんな敵があったのか? What kinds of enemies were there?
1.方法(やり方)という敵 The Enemy Of Methods (How To)
(ピリピ3:14)キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。
(Philippians 3:14) I press on toward the goal to win the prize for which God has called me heavenward in Christ Jesus.
2.疑いという敵 The Enemy Of Doubt
– 信じることに力がある There’s a power in believing
(エペソ 1:19)また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あ
なたがたが知ることができますように
(Philippians 1:19) for I know that through your prayers and God’s provision of the Spirit of Jesus Christ
what has happened to me will turn out for my deliverance.
(ピリピ3:20)けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち
望んでいます。
(Ephesians 3:20 NLT) Now all glory to God, who is able, through his mighty power at work within us, to accomplish infinitely more than we might ask or think.

楽しくて自由!! FUN & FREE!!

メッセージノート

Sept 10 2017 2PM Service at Lifehouse Sapporo
Shared by Shige Nakasato
Notes byPs Masashi Shibuya 澁谷将史牧師 (LIFEHOUSE TOKYO) 
23 JULY 2017   

楽しくて自由!! FUN & FREE!!

(ヨハネ 10:10 ALIVE)強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかし私が来たのは、生命(いのち)を、あふれるほど豊かに与えるためです。

(John 10:10 MSG) A thief is only there to steal and kill and destroy. I came so they can have real and eternal life, more and better life than they ever dreamed of.

楽しさを奪い返す!自由の身!!Get The Fun Back! SET FREE!!

(ローマ 7:18-20 ALIVE)そう、私自身の中に良いものは全くないのだ。どんなにもがいても、自分で自分に、正しいことを行なわせることができない。そうしたいのだが、できないのだ。(19)良いことをしたいと思っても行なわず、悪いことをしないように努めても、どうしてもそれをしてしまう。(20)自分ではしたくないことをしているとすれば、それをしているのは、私ではない。つまり、私に住みついている過ちの力がしているのだ。  

(Romans 7:18-20 NLT) And I know that nothing good lives in me, that is, in my sinful nature. I want to do what is right, but I can’t. (19I want to do what is good, but I don’t. I don’t want to do what is wrong, but I do it anyway. (20But if I do what I don’t want to do, I am not really the one doing wrong; it is sin living in me that does it. 

(ローマ 7:25 ALIVE)でも神に感謝している!王なるイエス・救世主(リスト)によって、私は解放された。心では、喜んで神に従う召使でありたいと願いながら、実際には、人間の弱さゆえに過ちの奴隷となっている。

(Romans 7:25 NLT) Thank God! The answer is in Jesus Christ our Lord. So you see how it is: In my mind I really want to obey God’s law, but because of my sinful nature I am a slave to sin

(ヨハネ 8:32 ALIVE)あなたがたは真理を悟り、その真理があなたを自由にする!!!

(John 8:32) And you will know the truth, and the truth will set you free.

戦い続ける!Keep Fighting!

(ガラテヤ 5:1 ALIVE)このように、救世主(キリスト)は私たちを自由の身にしてくれた。 だから、この自由をしっかり握っていなさい。もう二度と、モーセ法や儀式に束縛された奴隷とならないよう、細心の注意を払いなさい。  

(Galatians 5:1 MSG) Christ has set us free to live a free life. So take your stand! Never again let anyone put a harness of slavery on you.  

(詩篇 118:5-9 MSGからの直訳)追い込まれ、神様に助けを求めた。広大にオープンなところから、神様は答えた。神様は私の味方だ!もう恐くない;誰が私に触れることができる?神様は私の力強いチャンピオンだ;敵はハエみたいに払い落とせる。人に信頼をおくより、神様におくほうが格段と良い。セレブに信頼をおくより神様におくほうが格段と良い。

(Psalm 118:5-9 MSG) Pushed to the wall, I called to God; from the wide open spaces, he answered. God’s now at my side and I’m not afraid; who would dare lay a hand on me? God’s my strong champion; I flick off my enemies like flies. Far better to take refuge in God than trust in people; Far better to take refuge in God than trust in celebrities. 

-NOT TODAY!! 

グループでの質問と祈り Lifegroup Questions and Prayer

1. あなたは自由を噛み締めていますか? Are you holding firm to this freedom?

2. 日々、どんなチャレンジがありますか? What kind of daily challenges do you have?

3. 祈りましょう Let’s pray!

Serve the Lord with Gladness 喜びをもって神様に仕える

メッセージノート
 Sept 10 2017 Lifehouse Sapporo 11AM Service
Shared by Ps Johannes Berns
Notes by Ps Rod Plummer   ロド・プラマー 牧師 (30 July 2017 – 1 PM)
Serve the Lord with Gladness 喜びをもって神様に仕える
Psalm 100:2 詩篇100:2
(Psalm 100:2) Worship the Lord with gladness; come before him with joyful songs.
(詩篇100:2) 喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。
-Paul writing from filthy prison. Yet he is praying for Philippians blessing
パウロは汚い牢獄から手紙を書いているのに、それでもピリピの人たちの祝福を祈っている。
(Philippians 1:9 NHEB) This I pray, that your love may abound yet more and more in knowledge and all discernment;
(ピリピ1:9)私は祈っています。あなたがたの愛が真の知識とあらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり…
-still, more まだ、もっと
-more and more もっと、もっと
-More and more what? … abound! もっと、もっと何?・・・豊かに!
-perception – able to see levels, depths, 3D picture. 知覚-異なるレベルや深さ、3Dのイメージが見える。
-discernment which “cuts through” hazy moral values to really “size things up
識別する- かすんだ道徳価値を「切り開き」、本当のものを判断すること
Q: Why does great love lead to great perception? And why is this important?
 どうして、偉大な愛が素晴らしい知覚(感じ方)に繋がるの?どうして、これが大切?
A: Live for God with influence and destiny. —> (v.10) 影響力と使命を持って、神様のために生きるため! -> (10節)
(Philippians 1:10 NEHB) so that you may approve the things that are excellent; that you may be sincere and without offense to the day of Christ;
(ピリピ1:10)あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることができるようになりますように。またあなたがたが、キリストの日には純真で非難されるところがなく..
-to put to the test in order to succeed. 成功するために、試練に合う。
-excellence –  to take all the way through (i.e. to the end), excellence.
 エクセレンス – (最後まで)責任をもち続ける、優れたもの。
-pure- shining like the sun’s rays  – i.e. with spiritual vision ピュア- 太陽光のように輝く – 霊的なビジョンで。
-free from hurt, not offending and not causing offence. 傷から自由、傷つけず、攻撃を発しない。
(Philippians 1:11 NEHB) being filled with the fruit of righteousness, which are through Jesus Christ, to the glory and praise of God.
(ピリピ1:11)イエス・キリストによって与えられる義の実に満たされている者となり、神の御栄えと誉れが現わされますように。
-having been filled – it’s a done deal 満たされている – もうすでに完了している
-fruit of righteousness. It’s all Jesus! 義の実 –全てはイエス!
(Galatians 5) love, joy, peace, able to cope with difficulty. (ガラテヤ5章)愛、喜び、平安、困難と向き合う力。
eg. 1 – Paul in prison (yet writing books for us 2,000 years later)
例) 1- 牢獄の中にいるパウロ(でも2000年後の私たちのために書物を書いている)
(Philippians 1:12) Now I want you to know, brothers and sisters, that what has happened to me has actually served to advance the gospel.
(ピリピ1:12)さて、兄弟たち。私の身に起こったことが、かえって福音を前進させることになったのを知ってもらいたいと思います。
eg. 2 – Joseph in prison (yet able to be an example for us 3,500 years later)
例) 1- 牢獄の中にいるヨセフ(でも、3500年後の私たちのために模範となっている)
(Genesis 50:20) You intended to harm me, but God intended it for good to accomplish what is now being done, the saving of many lives.
(創世記50:20)あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。
-Conclusion: 結論:
So love … to able to see the big picture in every situation.
だから、愛そう・・・全ての状況でもっと大きなイメージが見れるように。
So love … to be filled with good things – in the hard times – ready for the future.
だから、愛そう・・良いもので満たされるように、大変なときに、将来への準備ができるように。

The Blessing Bounce 祝福のバウンス

メッセージノート

2017.08.20 – 1PM Message

Shared by Jordan Perry

Original Message: Lifehouse Tokyo Church/ July 30 / By Pastor Rod
The Blessing Bounce 祝福のバウンス
(Luke 18:15-16) People were also bringing babies to Jesus for him to place his hands on them. When the
disciples saw this, they rebuked them. (16) But Jesus called the children to him and said, “Let the little
children come to me, and do not hinder them, for the kingdom of God belongs to such as these.
(ルカ18:15-16)イエスにさわっていただこうとして、人々がその幼子たちを、みもとに連れて来た。ところが、弟子たちがそれを見
てしかった。(16)しかしイエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めては
いけません。神の国は、このような者たちのものです。
-Blessing is used about 400 times in the Bible. 聖書では祝福が400回ほど使われている
What does it mean? どういう意味?
To speak good words over something. 何かに対して良いことばを放つこと。
Good + Words 「良い」+「ことば」
The opposite is cursing: speaking bad words over something. 弟子たちは罵っている:何かに対して悪いことばを放
つ。
1.God always starts the blessing bounce – that’s who he is! 神様はいつも祝福のバウンスを始める–それが神様!
(Genesis 1:28) God blessed them and said to them, “Be fruitful and increase in number; fill the earth
and subdue it. Rule over the fish in the sea and the birds in the sky and over every living creature that
moves on the ground.”
(創世記1:28)神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地を
はうすべての生き物を支配せよ。」
2.The Blessing bounced into Abraham アブラハムに祝福が飛び込んだ
(Genesis 12:1-3) he Lord had said to Abram, “Go from your country, your people and your father’s
household to the land I will show you. (2) “I will make you into a great nation, and I will bless you; I will
make your name great, and you will be a blessing. (3) I will bless those who bless you, and whoever
curses you I will curse;
and all peoples on earth will be blessed through you.”
(創世記12:1-3)主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きな
さい。(2)そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝
福となる。(3)あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによっ
て祝福される。」
3.The blessing bounces into believers 信じる人たちに祝福は飛び込む
(Galatians 3:9) So those who rely on faith are blessed along with Abraham, the man of faith.
(ガラテヤ3:9)そういうわけで、信仰による人々が、信仰の人アブラハムとともに、祝福を受けるのです。
(Proverbs 10:22 NLT) The blessing of the Lord makes a person rich, and he adds no sorrow with it.
(箴言10:22)主の祝福そのものが人を富ませ、人の苦労は何もそれに加えない。

負けるが勝ち! 勝利への道 To Lose Is To Win! – Road To Victory –

メッセージノート

2017.08.20 – 11AM Message

Shared by Johannes Berns

Original Message: Lifehouse Tokyo Church/ July 23 / By Pastor Noboru

負けるが勝ち! 勝利への道 To Lose Is To Win! – Road To Victory –
-私たちの立ちふさがる戦いには、戦うべき戦いと、戦うべきではない戦いがある。
There are battles you should and shouldn’t fight
(ヨハネ13:6-8)こうして、イエスはシモン・ペテロのところに来られた。ペテロはイエスに言った。「主よ。あなたが、私の足を洗っ
てくださるのですか。」(7)イエスは答えて言われた。「わたしがしていることは、今はあなたにはわからないが、あとでわかるように
なります。」(8)ペテロはイエスに言った。「決して私の足をお洗いにならないでください。」イエスは答えられた。「もしわたしが洗
わなければ、あなたはわたしと何の関係もありません。」
(John 13:6-8 NLT) He came to Simon Peter, who said to him, “Lord, are you going to wash my feet?”
(7) Jesus replied, “You do not realize now what I am doing, but later you will understand.” (8) “No,” said
Peter, “you shall never wash my feet.” Jesus answered, “Unless I wash you, you have no part with me.”
(ヨハネ 13:13-15)あなたがたはわたしを先生とも主とも呼んでいます。あなたがたがそう言うのはよい。わたしはそのような者だ
からです。(14)それで、主であり師であるこのわたしが、あなたがたの足を洗ったのですから、あなたがたもまた互いに足を洗い
合うべきです。(15)わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです。
(John 13:13-15 NLT) “You call me ‘Teacher’ and ‘Lord,’ and rightly so, for that is what I am. (14) Now
that I, your Lord and Teacher, have washed your feet, you also should wash one another’s feet. (15) I
have set you an example that you should do as I have done for you.
1. 勝利とはいったい何? What Actually Is A Win?
(ルカ 9:23-24)イエスは、みなの者に言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を
負い、そしてわたしについて来なさい。(24)自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う
者は、それを救うのです。
(Luke 9:23-24) Then he said to them all: “Whoever wants to be my disciple must deny themselves and
take up their cross daily and follow me. (24) For whoever wants to save their life will lose it, but
whoever loses their life for me will save it.
2. 本当の勝利って? What Does It Mean To Truly Win?
(マタイ20:25-26)そこで、イエスは彼らを呼び寄せて、言われた。「あなたがたも知っているとおり、異邦人の支配者たちは彼ら
を支配し、偉い人たちは彼らの上に権力をふるいます。(26)あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くな
りたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。
(Matthew 20:25-26) But Jesus called them together and said, “You know that the rulers in this world
lord it over their people, and officials flaunt their authority over those under them. (26) But among you
it will be different. Whoever wants to be a leader among you must be your servant,
(ピリピ2:6-8)キリスト様は神様なのに、神様としての権利を要求したり、それに執着したりはなさいませんでした。(7)かえって、そ
の偉大な力と栄光を捨てて、奴隷の姿をとり、人間と同じになられました。(8)そればかりか、さらに自分を低くし、まさに犯罪人
同様、十字架上で死なれたのです。
(Philippians 2:6-8) Though he was God, he did not think of equality with God as something to cling to. (7)
Instead, he gave up his divine privileges; he took the humble position of a slave and was born as a human
being. When he appeared in human form, (8)he humbled himself in obedience to God and died a criminal’s
death on a cross.
– クリスチャンの成長とは? What does it mean to grow as Christian?
A. 誰の国を建て上げているのか明確にしよう Whose Kingdom Are You Building?
(マタイ6:33)だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられま
す。
(Matthew 6:33 NLT) Seek the Kingdom of God above all else, and live righteously, and he will give you
everything you need.
3. 手放すことから得られる大勝利を受け取ろう! Get The Big Win By Letting Go!
(エペソ4:31-32)意地悪、不きげん、怒りを捨てなさい。けんか、とげのあることば、えこひいきが日常生活に巣くっていてはなり
ません。(32)むしろ、互いに親切にし、心のやさしい人になりなさい。そして、あなたがたを、キリストのものとなったということで赦
してくださった神様にならい、お互いに赦し合いなさい。
(Ephesians 4:31-32 NLT) Get rid of all bitterness, rage, anger, harsh words, and slander, as well as all
types of evil behavior. (32) Instead, be kind to each other, tenderhearted, forgiving one another, just
as God through Christ has forgiven you.
(詩篇 34:19)正しい者の悩みは多い。しかし、主はそのすべてから彼を救い出される。
(Psalm 34:19 NLT) The righteous person faces many troubles, but the Lord comes to the rescue each
time.
(詩篇 14:5)見よ。彼らが、いかに恐れたかを。神は、正しい者の一族とともにおられるからだ。
(Psalm 14:5 NCV) But the wicked are filled with terror, because God is with those who do what is right.

約束はまだそこに Promise Still Stands

メッセージノート

2017.08.06 – 2PM Message
Shared by Jordan Perry
Original Message: Lifehouse Tokyo Church / Apr 30 / By Masashi

約束はまだそこに Promise Still Stands
あなたが周りと違っても Even If You’re A Misfit
(ローマ 9:25-26 ALIVE訳)聖書のホゼア書に何と書いてあるか、思い出してみてほしい。神は、こう言っている。私の子でない人を見
て言おう。おまえは私の子だ。私から離れていた人に言おう。私はおまえを愛している――【聖書:ホゼア書2:23より引用】(26)そして
、かつてはわたしの民ではないと宣告された異教徒たちが、生ける神の子たちと呼ばれるようになる――【聖書:ホゼア書1:10より引
用】
(Romans 9:25-26 GW) As God says in Hosea: “Those who are not my people I will call my people. Those who
are not loved I will call my loved ones. (26) Wherever they were told, ‘You are not my people,’ they will be
called children of the living God.”
遠く感じても Even If You Feel Distant

水分補給しっかり! Stay Hydrated!

メッセージノート

2017.08.06 – 11AM service
Ps Johannes Berns
Original Message Jul16/Lifehouse Tokyo/By Tasuke

水分補給しっかり! Stay Hydrated!
(ヨハネ4:7-18 リビング訳)まもなくサマリヤ人の女が一人、水を汲みに来ました。イエスは、「すみませんが、水を一杯下さい」と声
をおかけになりました。(8)そのとき弟子たちは、村に食べ物を買いに行っており、ほかにはだれもいませんでした。(9)女はびっくり
して言いました。「まあ、あなたはユダヤ人ではありませんか。サマリヤ人の私に、どうして水をくれなどと頼むのですか。」当時、ユ
ダヤ人はサマリヤ人を見下し、口をきこうとさえしなかったのです。(10)「もし、神があなたにどんなにすばらしい贈り物を用意して
おられるか、また、わたしがだれなのかを知っていれば、あなたのほうから、いのちの水を下さいと願ったでしょう。」(11)「そんなこ
と言っても、あなたは水を汲むおけも綱も持っていないのですよ。この井戸はとても深いのです。そのいのちの水を、いったいどこ
から汲むのですか。(12)あなたは、私たちの先祖ヤコブ様よりも偉いと言うのですか。ヤコブ様はこの井戸を私たちにくれました。
ヤコブ様も、その子孫も家畜もみんな、この井戸の水を喜んで飲んだのです。これより良い水をくれると言うのですか。」(13)イエス
は言われました。「この水を飲んでも、すぐにまた、のどが渇きます。(14)けれども、わたしがあげる水を飲めば、絶対に渇くことは
ありません。わたしがあげる水は、それを飲む人のうちで永久にかれない泉となり、いつまでもその人を永遠のいのちで潤すので
す。」 (15)「先生。そのような水があるなら、私に下さい。そうすればのども渇かないし、毎日こんな遠くまで歩いて、水汲みに来な
くてすむもの。」(16)「帰って、夫を連れて来なさい。」(17-18)「……。私、結婚なんかしていません。」「そうですね。あなたは五回も
結婚したけれど、今いっしょに暮らしている男は、確かに夫ではありません。」
(John 4:7-18 NLT) Soon a Samaritan woman came to draw water, and Jesus said to her, “Please give me a drink.” (8)
He was alone at the time because his disciples had gone into the village to buy some food. (9) The woman was
surprised, for Jews refuse to have anything to do with Samaritans. She said to Jesus, “You are a Jew, and I am a
Samaritan woman. Why are you asking me for a drink?” (10) Jesus replied, “If you only knew the gift God has for you
and who you are speaking to, you would ask me, and I would give you living water.” (11) “But sir, you don’t have a rope
or a bucket,” she said, “and this well is very deep. Where would you get this living water? (12) And besides, do you
think you’re greater than our ancestor Jacob, who gave us this well? How can you offer better water than he and his
sons and his animals enjoyed?” (13) Jesus replied, “Anyone who drinks this water will soon become thirsty again. (14)
But those who drink the water I give will never be thirsty again. It becomes a fresh, bubbling spring within them, giving
them eternal life.” (15) “Please, sir,” the woman said, “give me this water! Then I’ll never be thirsty again, and I won’t
have to come here to get water.” (16) “Go and get your husband,” Jesus told her. (17) “I don’t have a husband,” the
woman replied. Jesus said, “You’re right! You don’t have a husband—(18) for you have had five husbands, and you
aren’t even married to the man you’re living with now. You certainly spoke the truth!”
井戸の水VSいのちの水 Water From The Well VS Living Water