Boomerang ブーメラン

July 2, 2017 11am Message
Original Message from Lifehouse Tokyo
By Pastor Rod (June 25th 11am Service)

Boomerang ブーメラン

(Luke 6:37-39) “Do not judge, and you will not be judged. Do not condemn, and you will not be condemned. Forgive, and you will be forgiven. (38) Give, and it will be given to you. A good measure, pressed down, shaken together and running over, will be poured into your lap. For with the measure you use, it will be measured to you.” (39) He also told them this parable: “Can the blind lead the blind? Will they not both fall into a pit?

(ルカ 6:37-39 リビング訳)人のあら捜しをしたり、悪口を言ったりしてはいけません。自分もそうされないためです。人には広い心で接しなさい。そうすれば、彼らも同じようにしてくれるでしょう。(38)与えなさい。そうすれば与えられます。彼らは、量りのますに、押し込んだり、揺すり入れたりしてたっぷり量り、あふれるばかりにして返してくれます。自分が量るそのはかりで、自分も量り返されるのです。」(39)イエスはさらに、もう一つのたとえを話されました。「盲人が盲人の道案内をしたら、どうなるでしょう。一人が穴に落ち込めば、もう一人も巻き添えになるでしょう。

 

1. Starts with forgiveness and release. 赦しから始め、手放す

-The lesson of forgiveness. 赦すレッスン

-Be generous. 寛大になる

-Start there! そこから始める

 

2.Continues with giving and receiving in ever increasing circles. 増え続ける円の中で与え受け取り続ける

(Proverbs 11:24 MSG) The world of the generous gets larger and larger; the world of the stingy gets smaller and smaller, ; the world of the stingy gets smaller and smaller’

(箴言 11:24 MSGからの直訳)寛大な人の世界はどんどん大きく広がっていくが、ケチな人の世界はどんどん小さくなっていく。

 

3. It’s Coming Back But… 戻ってくるけど

1. Don’t know who 誰からかわからない

2. Don’t know how どのようにかはわからない

3. Don’t know when いつかはわからない

4. Don’t know what 何かはわからない

…but it’s coming back bigger and stronger でも大きく強く戻ってくる

 

“His name was Fleming, and he was a poor Scottish farmer. One day, while trying to carve out a living for his family, he heard a cry for help coming from a nearby bog. He dropped his tools and ran to the bog. There, mired to his waist in black muck, was a terrified boy, screaming and struggling to free himself. Farmer Fleming saved the lad from what could have been a slow and terrifying death.

The next day, a fancy carriage pulled up to the Scotsman’s sparse surroundings. An elegantly dressed nobleman stepped out and introduced himself as the father of the boy Farmer Fleming had saved. “I want to repay you,” said the nobleman. “You saved my son’s life.” “No, I can’t accept payment for what I did,” the Scottish farmer replied, waving off the offer. At that moment, the farmer’s own son came to the door of the family hovel. Is that your son?” the nobleman asked. “Yes,” the farmer replied proudly. “I’ll make you a deal. Let me take him and give him a good education. If the lad is anything like his father, he’ll grow to be a man you can be proud of.” And that he did.

In time, Farmer Fleming’s son graduated from St. Mary’s Hospital Medical School in London , and went on to become known throughout the world as the noted Sir Alexander Fleming, the discoverer of Penicillin. Years afterward, the nobleman’s son was stricken with pneumonia. What saved him? Penicillin. The name of the nobleman? Lord Randolph Churchill. His son’s name? Sir Winston Churchill.”

「男の名前はフレミング。スコットランドの貧しい農夫だったある日、いつものように家族の一日の糧を求めて外に出た時、近くの沼地から助けを求める叫びを聞いた。すぐに手に持った道具を放すと、彼は沼地に走った。そこには黒い泥に腰まで浸かって少年がそこから抜け出そうと叫びもがき、顔には恐怖の色が浮かんでいた。誰にも気づいてもらえなければ、ゆっくりだが恐ろしい死が待っているのみだった。フレミングは少年を助けあげた。翌日スコットランドの人影まばらなこの土地に派手な馬車がやって来た。上品な服装の貴族が降り立ち、自分の名前を名乗った。フレミングが昨日助けた少年の父親だという。「昨日、息子を助けて頂いた。ご恩を返さなければならない。」「そんな。私は当然のことをしたまでです。お金など受け取れません。」と農夫は申し出を断った。その時、農夫の息子が粗末な家から出てきた。「あなたの息子かね?」「そうです」とフレミングは誇らしげに答えた。「では、こうしよう。息子を私のところによこしなさい。教育を受けさせてあげよう。もしこの青年があなたに似ているところがあるなら、立派な男に成長するだろう。」事はそのように運んだ。後に農夫フレミングの息子はロンドンにあるセントメリー病院の医学部を卒業しペニシリンの発見者サー・アレクサンダー・フレミングとして世界中に知られる存在となった。その後第二次世界大戦中イギリスの首相になっていた貴族の息子が肺炎にかかった彼を救ったものは…ペニシリンであった。その貴族の名前は、ロード・ランドルフ・チャーチル。そしてその息子は…サー・ウィンストン・チャーチル。農夫が助けた少年だった。」

 

4.Be part of the Boomerang! Sow your seeds! ブーメランの一部になろう!タネを蒔こう!

Me sowing seeds – or not. タネを蒔くか蒔かないか

 

(Galatians 6:7) Do not be deceived: God cannot be mocked. A man reaps what he sows.

(ガラテヤ 6:7 リビング訳)思い違いをしてはいけません。神を無視することなどできません。人は種をまけば必ずその刈り取りもすることになるのです。