クリスマス劇 11時

2017.12.17 Sunday
Ps. Johannes Berns
1. 神様が僕らと共にいる God Is With Us
(Matthew 1:22-23) All this took place to fulfill what the Lord had said through the prophet: (23)“The
virgin will conceive and give birth to a son, and they will call him Immanuel”(which means “God with us”).
(マタイ 1:22-23)このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。(23)「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)
2. 神様は僕らのためにいる God Is For Us
 So what should we say about this? If God is for us, no one can stand against us.
And God is with us. (32) He even let his own Son suffer for us. God gave his Son for all of us. So now
with Jesus, God will surely give us all things. (33) Who can accuse the people God has chosen? No one! God
is the one who makes them right. (34) Who can say that God’s people are guilty? No one! Christ Jesus
died for us, but that is not all. He was also raised from death. And now he is at God’s right side,
speaking to him for us. Romans 8:31-34
“こんなにすばらしい恵みに対して、いったい何と言ったらよいでしょう。神が味方なら、だれが私たちに敵対できるでしょうか。 神は私たちすべてのために、たった一人の御子さえ惜しまずに、死に渡されたほどのお方ですから、ほかのすべてのものをも下さらないわけがあるでしょうか。 神がご自分のものとして選ばれた私たちを訴えるのはだれですか。神ですか。とんでもない。神は私たちを赦し、神様との関係を直してくださった方ではありませんか。 では、私たちを罪に定めるのはだれですか。キリストですか。とんでもない。キリストは私たちのために死に、復活し、今は神の右の座で、私たちのために祈っていてくださるお方ではありませんか。”
‭‭ローマ人への手紙‬ ‭8:31-34‬ ‭