喜びを奪われないで! – ピリピ3 Don’t Let Your Joy Be Stolen! – Philippians 3

Sept. 24, 2017 Lifehouse Sapporo
11AM Service
Messenger: Jordan Perry

Original Message Notes from Lifehouse Tokyo
Ps Noboru Koga (2017/09/03 – 1pm)

喜びを奪われないで! – ピリピ3 Don’t Let Your Joy Be Stolen! – Philippians 3
(ピリピ3:1)最後に、私の兄弟たち。主にあって喜びなさい。前と同じことを書きますが、これは、私には煩わしいことではなく、あなたがたの安全のためにもなることです。
(Philippians 3:1) Further, my brothers and sisters, rejoice in the Lord! It is no trouble for me to write
the same things to you again, and it is a safeguard for you.
(箴言 17:22)喜びを抱く心はからだを養うが、霊が沈みこんでいると骨まで枯れる。
(Proverbs 17:22 NLT) A cheerful heart is good medicine, but a broken spirit saps a person’s strength.
(2 テモテ 4:3)なぜなら、人々が真理のことばは耳ざわりだと敬遠し、自分につごうのよい話をする教師を求めて歩き回る時代が来るからです。
(2 Timothy 4:3 NLT) For a time is coming when people will no longer listen to sound and wholesome
teaching. They will follow their own desires and will look for teachers who will tell them whatever their
itching ears want to hear.
-実際、ピリピの教会で何が起きていたのか?(何故この忠告をしたのか?)
What was actually happening in Philippian Church? (Why was he giving this warning?)
(ピリピ3:2-3 リビング訳)救われるためには割礼(男子の生殖器の包皮を切り取る儀式)を受ける必要があると教える、あの悪い連中を警戒してください。危険な犬ですから。肉体の一部を切り取りさえすれば、神様の子供になれるのではありません。霊をもって神様を礼拝する者こそ、神様の子供なのです。その礼拝こそが、ただ一つの真の「割礼」です。クリスチャンの誇れることと言ったら、キリスト・イエスが成し遂げてくださったわざだけです。自分で自分を救うことなどとてもできないと、よく知っているはずです。
(Philippians 3:2-3) Watch out for those dogs, those evildoers, those mutilators of the flesh. 3For it is
we who are the circumcision, we who serve God by his Spirit, who boast in Christ Jesus, and who put no confidence in the flesh—
– どんな敵があったのか? What kinds of enemies were there?
1.方法(やり方)という敵 The Enemy Of Methods (How To)
(ピリピ3:14)キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。
(Philippians 3:14) I press on toward the goal to win the prize for which God has called me heavenward in Christ Jesus.
2.疑いという敵 The Enemy Of Doubt
– 信じることに力がある There’s a power in believing
(エペソ 1:19)また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あ
なたがたが知ることができますように
(Philippians 1:19) for I know that through your prayers and God’s provision of the Spirit of Jesus Christ
what has happened to me will turn out for my deliverance.
(ピリピ3:20)けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち
望んでいます。
(Ephesians 3:20 NLT) Now all glory to God, who is able, through his mighty power at work within us, to accomplish infinitely more than we might ask or think.